人生をゲーム化する

僕は、ドラクエなどのrpgスマブラストリートファイターなどの格闘ゲームが好きなんですが、最近は日常のすべての事もゲームと似ているし、ゲーム化できるんじゃないかなと思ってきました。

僕はゲームの本質は最適化と没頭なんじゃないかなと思っているのです。

例えばrpgでいうと、敵が強かったらしばらくレベル上げしてから挑むのも最適化だし、ボス戦でタイミングよく回復呪文をかけるのも最適化です。

格闘ゲームでいうと、相手の技に相性のいい技をぶつけることや相手がガードが多めだったら投げるというのも最適化です。

 

そしてゲームはその最適化することがとても楽しく作られていて、最適化することに没頭します。

 

最適化する楽しさはゲームだけじゃなく日常でも味わうことが出来ます。

 

例えば料理です。 一口に最適化といっても、何を最適化するのかでやり方は変わります。 最適化するのは、コストなのか時間なのか手間なのか楽しさなのかによって変わります。 僕が料理においては手間を最も最適化したいです。

 

料理にはいくつかの手順があると思います。

食材を切る、焼く、茹でる、煮る、蒸す、洗い物をするなどです。

 

これらを最適化するとどうなるかを僕の昨日の自炊で紹介したいと思います。

 

鍋に水を入れる→コンロを強火→鶏肉を切らずに鍋に入れる→まな板を出す

→白菜を切る→鍋に入れる→中火にする→まな板、包丁を洗う(油汚れがないので楽)

→食材に火が通ったら食べる→鍋と食器を洗う→排水溝を洗う で終了です。

手間はかかってないし、時間もあまりかかってません。そして洗い物の大変さをできるだけ軽減することを意識しています。

場所をとるまな板と包丁は先に洗っておいて、食べ終わったら鍋を洗います。

洗い物の嫌な要素としては、油でギトギト、食器がかさばっていることかなと思うのでそうならないようにしてます。

あとコップも持ってなくて使ってないので洗い物の節約になります。

 

このやり方だと手間はかなり最適化できているので、今度は料理のレパートリー

を増やしていって最適化の難易度を上げていきたいなと思います。

 

こんな感じで最適化を考えるととてもゲームに近くて楽しいです。

 

続いては部屋の綺麗さを保つことを最適化について書きます。

料理同様これも手間をできるだけかけたくないです。

 

まず掃除機をかけやすいようにできるだけ床には何も置かないようにしてます。

(手間を最適化)

そして掃除は収納するのではなくすぐ使いやすい場所に配置してあります。

(手間を最適化)

そして掃除機をかけることを習慣化したかったので、鍋に火をかけてる間に掃除機をかけています。(時間を最適化)

 

こんな感じです。こんな風に面倒くさい家事も最適化していけば楽しいんじゃないかなーって思ったよって記事でした。

ご視聴ありがとうございました!