自分が飲み会や集団が苦手だと思う理由が自分でわかった気がする

僕は内向的で人見知りなタイプで飲み会や大人数がいる空間が苦手でした。

最近は別に飲み会いかなくても大人数がいる場所いかなくてもいいやーと思えてるのでNo problemなんですが、理由を考えてみたら結構これなんじゃないかなというのが見つかったので、書こうと思います。

 

1つ目は、内向的な人はコミュニケーションのによる刺激に敏感だということです。

相手の言った言葉を一つ一つ吟味して分析する傾向が強いので相手の感情や言葉に影響を受けやすいです。その結果疲れてしまうことに繋がるのかなと思います。

 

これが1対1や少人数のコミュニケーションであればそこまで疲れないですが、

大人数になるとたくさんの感情や言葉があふれてしまって自分のキャパシティーを超えてしまうから疲れてしまうのかなと思います。

たぶん標準的な人は人の言葉をある程度スルーできる鈍感さがあるけど、

内向的であればあるほど、相手の表情、感情、言葉に敏感なんじゃないかなと思います

だから飲み会のつぎの日は寝込んでしまうんですね笑

 

2つ目は僕だけかもしれないんですが、3人以上がいる場所で人と話すのが苦手です。

それは自分と話していない他の人が気になってしまうからです。

例えば、同じ空間に3人いるとします。

僕はそのうちの1人と話しているとします。

会話が短かったり、あとの1人も会話に加わってくれればいいんですが、会話に加わってないときの状態が、とても苦手です。

話していない人は今どう思ってるんだろう?

気まずいと感じでてないかな?とかを考えてしまい疲れてしまいます。

 

それが大人数の飲み会になるともっと大変になります。

ほかの人の会話が気になって、会話に集中できなくなったり、他の人の声に紛れて聞き取りにくかったり。

僕はちょっと耳が悪いのか、カラオケなどの音楽が流れているところだとより声が聞こえなくなってしまって、会話をする気すら起きなくなってしまいます。

 

3つ目は、会話をしている相手の表情や言葉を気にしすぎるところです。自意識過剰といってもいいかもしれません。

僕自身が他人の言葉や表情に影響を受けやすいので、相手ももしそうだったらと考えすぎて、自分の頭に浮かんだ言葉にいっぱい自主規制をかけすぎて、話すことがなくなってしまいます。

これを言ったらへんに思われるかな?とか

これを急に言われたら困るかな?とか

色んなことを考えてしまって話せなくなってしまいます。

そんなことをしてるうちに会話が辛くなって、

だったら1人のが楽だなーとなってしまいます。

 

という感じで苦手なんですが、内向性も使いようだと思うので、こんな僕でも良いコミュニケーションをするにはどうしたらいいのかを考えました。

1.内向性だから自分はダメとかは思わない

内向性のに人には分析能力が備わっているので、人が気づけないところを気づいたりする能力があります。

常に明るく上機嫌に振る舞うことはできないけど、相手の様子を見抜いて優しい会話をすることはできます。

コミュニケーションの形に正解はないので、

内向性にしかできないコミュニケーションの形があるはず。 

まずはそういう風に考え方を変えることが重要だと思います。

 

2.苦手なフィールドでは無理にコミュニケーションを取らなくていい

 

大人数が苦手でも少人数や気心が知れた仲の人であれば、話せるのが内向性の人です。

1対1の会話でコミュニケーションを積み上げていきましょう。

合コン行くよりナンパできるようになろうってことですね!

 

3.どうしても飲み会に行かなければいけないときは、みんなに親切にすることを心がける

 

みんなの飲み物を運んだり、注文をしたり、

つまらなさそうにしてる人に声をかけたりと自分じゃなくて周りに目を向けて親切にすると自分に余裕が持てるしコミュニケーションもとりやすくなります。

僕は大人数の飲み会に行くときはどうせ楽しくはならないので、こういう風に親切ゲームをすることにしてます。

 

人に親切にするほど幸福度が高いという研究もあるので、自分がした親切は決して無駄にはなりません。