義足でサッカー??ダリオ・シルバの生きざま

ダリオシルバってどんな人??

wikipediaによると、ウルグアイ出身のサッカー選手で、1992年にサッカー選手としてのキャリアをスタートさせてから、スペインやイギリスなどのチームで活躍し、2006年にはその時所属していたプレミアリーグポーツマスと契約を解除し母国のウルグアイに帰国しました。

 

帰国したウルグアイで悲劇が・・・

当時の新聞によると、ウルグアイの道を車で運転中に街灯に衝突することを起こしてしまったのだ。そして病院に運ばれた後、意識不明の重体となり、右足を切断せざるを得なくなってしまいます。そして昏睡状態の時に医師が医師の判断で足を切断したので、昏睡状態を抜けた後に本人に伝えなければならない状況でした。

 

ふつうなら悲劇で終わりそうだけども・・・
この男のメンタリティ普通じゃなかったww

サッカー選手にとって命ともいえる利き足を失ったダリオは、落ち込みふさぎこむかと思ったら、カヌー選手になって、オリンピックに行くという新しい目標を口にしたのです!!メンタリティやば!!この人はどんな困難があったとしても自殺という選択肢は選ばなそうですねww 見習いたいっす。

それから義足生活になり・・・

2006年9月23日の事故以来2年半後、2009年1月13日にウルグアイとアルゼンチンのチャリティマッチに義足で出場しなんとpkで得点まで決めてしまったのです。そのときの周りの選手やスタジアムの雰囲気は感動的なものになっていました。

最近サッカーがみるのが好きでよく見てるのですが、有名なスタープレイヤーだけ知ってサッカーを知った気になってましたが、こんな面白い生き方のサッカー選手がまだまだいると思うと、とてもワクワクします!youtubeでも見れると思うので検索してみてね。 

人生何があるかわからないなー(゚Д゚;)

最近テレビで見た人は東京大学で教授をされている方なんですが、そのかたは幼少期に視力と聴覚を失ったかたでした。しかし指点字という方法でコミュニケーションをとり東京大学の教授になったそうです。自分が視力と聴覚を失うと思うとぞっとしますが、その方は生きるモチベーションを失わずに、研究をされているそうです。

人にとって大事なのはモチベーションだけ説!!

この二人を見てるとそう思っちゃいます。生きるモチベーションを下げるようなことだけは避けていこうと思いまーす。締まらないけどww 

読んでくれてあざしたーm(__)m